通い妻になってくれた上玉の人妻と

タクシーの運転手をして10年余り、もともと好きで始めたわけではなくて、田舎では仕事がないので都会で働こうと思い、見つけたのがタクシー運転手の仕事でした。
最初は地理がわからず本当に苦労しました。
でも1年も経つとだいぶ慣れ、なんとかこのまま続けられそうな気がしていました。

3年ほど経った頃でした。
当時、私は離婚して田舎から出てきたので、会社の近くのアパートに1人で住んでいました。
40の半ばになっていました。
あの日は8月の夜勤で、小雨が降っていました。
平日で売り上げも少なく、お客を下した後、都心の方へゆっくり流しながら向かっているときでした。
手を挙げる女性がいました。
時間は夜の11時頃でした。
車を停めると、私と同年代の女性でした。
行き先を尋ねると街の方へというので車を走らせました。
街に近づいたので、どの辺りか尋ねましたが、なかなか返事が返ってきません。
もう一度訪ねると、その女性はやっと話し始めたのです。
旦那と喧嘩をして、家を飛び出してきたというのです。
走りながらだとメーターが上がるので、コンビニの駐車場に車を停めて話を聞きました。

彼女の話では、子供たちは夏休みなので奥さんの実家の田舎に先に行かせて後から夫婦でいく予定が、急に夫が行きたくないと言い出し、結局、それが原因で喧嘩になったと。
そして、財布も持たずに飛び出したというのです。
私は、その奥さんは信用できると思ったので、支払いは明日で構わないと言いました。
もし相手が水商売の女なら、そうは思わなかったはずです。
何度か嫌な思いをしましたので。

話を聞いてから「どこに向かいますか?」と聞いても、返事がありませんでした。
行く当てがないと言うのです。
そのまま降りてもらうわけにもいかず、私も困ってしまいました。
泊めてくれる友人はいないのか聞くと、友人はいるが家庭持ちなのでこんな時間には連絡できないと言いました。

「困りましたね」と後ろの席を振り向くと、上玉の奥さんでした。

私なんかじゃ絶対に手の届かない女性です。
美人で色白で、服の上からでもスタイルがいいのがわかりました。

私はダメ元で、「うちでいいなら泊めてもいいけど」と言うと、なんと「お願いします」と言ったのです。

耳を疑いました。
そのままアパートに向かいました。
部屋に案内し、ひと通り説明してから、私は仕事があるので外に出ました。

その日は少し早めに仕事を終えて、朝の5時過ぎに自宅に戻りました。
うちは2DKですが、奥さんはベッドのない方の部屋で寝ていました。
シャワーを浴びて浴室から出ると奥さんは起きていて、「お帰りなさい」と言ってくれました。
そして「お茶でも入れましょうか?」と言ってくれました。
私はカップヌードルを食べようと思っていたので、「それならお湯を沸かして」と頼みました。
いつもと違う雰囲気に、自分の家なのに私は緊張していました。

お湯が沸く間、「眠れましたか?」とか「汚い部屋ですみません」とか話しました。
奥さんに、「田舎に家族がいらっしゃるんですか?」と聞かれたので、離婚してここに来たことを話しました。

お湯が沸いたのでラーメンを食べました。

「食べたら寝るので、好きな時間に帰ってください」

奥さんにそう告げ、寝室のドアを閉めてベッドに横になりました。
でも、寝れるわけありませんでした。
私は風俗は苦手なので、離婚してから5年近く女性の体に触れていませんでした。
隣の部屋に女性がいるというだけで、チンポは硬くなってきていました。

オナニーもできずにしばらく悶々としていましたが、いつの間にか寝てしまい、目が覚めたのはお昼の12時近くでした。
台所に行くと、テーブルの上にメモがありました。
『このご恩は忘れません』と書いてありました。
私は逃がした魚の大きさを思い出しながら、大きくなったチンポをしごきました。

それから2週間ほど過ぎ、奥さんのことを忘れかけていました。
その日はお昼前に起き、簡単な食事を済ませてテレビを見ていました。
すると玄関がノックされたのです。
どうせ営業だろうと静かにしていました。
すると女性の声がして、私の名前を呼んだのです。
玄関を開けると、奥さんが立っていました。
果物の入った籠を持っていました。
私は奥さんを中に入れ、お茶を入れてあげました。
すると奥さんは、「これを受け取ってください」と封筒を差し出したのです。
私は、「そんなことはしないで下さい」と言って受け取りませんでした。
奥さんは困った様子で、このままでは帰れないと言いました。
そしてなんと、「それなら時々来て、お掃除などをさせてください」と言い出したのです。
私は奥さんに合鍵を渡しました。

「昼勤と夜勤があるので、いない時でも勝手にどうぞ」と言いました。

その日、奥さんは台所の食器を洗って帰っていきました。

それから、本当に週に1回、奥さんが来てくれました。
実際に私と会うのは、その半分くらいでした。
奥さんが来てくれた日は、会えなくても自然にチンポが起き上がってきて、オナニーに励みました。
そしてだんだん私の中で、奥さんを抱きたいという衝動が大きくなっていったのです。

奥さんを泊めてから2ヶ月目でした。
その日は夜勤明けで、お昼頃に起きました。
すると昼過ぎに、奥さんが訪ねて来たのです。
奥さんは雑巾がけをはじめました。
なんとなく見ると、床を拭いている奥さんのお尻が見え、なんとも言えない気持ちになりました。
もう我慢の限界でした。
そっと立ち上がると、奥さんの後ろから抱きついたのです。

「奥さん、ごめん、我慢できない!」

四つん這いの奥さんの後ろから抱きつき、胸を揉みました。
私の重みで奥さんは床にうつ伏せに倒れました。
奥さんが抵抗するのは覚悟していました。

でも奥さんは、「乱暴にしないで下さい。私は大丈夫だから」と言ったのです。

意外な言葉に耳を疑いました。
奥さんはじっとしていました。
私は奥さんの体を上向きに向かせました。
目を閉じていました。
私は奥さんの服のボタンを外していきました。
そしてブラを外すと、その胸に吸い付きました。
白くふくよかな胸に乗った少し黒ずんだ乳首を吸いながら、手で揉みしだきました。

まるで夢のようでした。
こんな美人な奥さんを抱けるなんて、思いもしませんでした。

私は奥さんの服を全部脱がしていきました。
最後に残ったパンツを脱がすときは、さすがに手が震えました。
陰毛は薄めで、少し黒ずんだ2枚貝が閉じていました。
指で開くと、そこは愛液で潤んでいました。
すぐに舌を使い、奥さんの味を堪能しました。
クリを舌で刺激すると奥さんの体が震えました。
もうすでに私のチンポは最高に硬くなっていました。

すぐに体勢を整え、奥さんに突き挿しました。
最初から激しく腰を振ってしまい、すぐに出そうになりました。
奥さんは喘ぎ声を我慢しているようで顔が歪んでいました。
そう思った瞬間、精液は勢いよく奥さんの中に飛び出していました。
抜きたいとは思いませんでした。
最後の一滴まで絞り出して、ようやく抜きました。
奥さんに、「我慢できなくて」と謝りました。
奥さんは、「大丈夫だから心配しないで」と言ってくれました。
それから再び奥さんの体を弄びました。
そして2時間ほどして、奥さんはシャワーを浴びて帰っていきました。

私は本当に満足でした。
本当に夢のような1日でした。
そして、もう二度と奥さんは来ないと覚悟を決めました。

でも違ったのです。
奥さんはこれまで通り、毎週来てくれました。
会えた日は必ず抱きました。
私が奥さんに触れると、奥さんは動きを止めてじっとしていました。
3回目には、まるで恋人のように献身的に応えてくれました。

ある時、奥さんに聞きました。

「旦那さんとはしてないの?」と。
すると奥さんは、「旦那のことは聞かないで」と言うので、それからは聞いていません。

半年が過ぎ、私は奥さんを自分のものにしたい衝動に駆られました。
旦那に抱かれる姿を考えると嫉妬で苦しくなりました。
私は奥さんに、旦那さんと別れて欲しいと頼みました。
養える収入はありました。
でも、その日を境に奥さんは来なくなりました。
私は後悔しました。
余計なことを言ってしまったと。
でも、後の祭りでした。

あの半年間は本当に夢のような日々でした。
奥さんがどのような気持ちで訪ねてきていたのか、よくわかりません。
旦那さんとのセックスでは物足りなかったのでしょうか?