家庭教師先のきれいなお母さんと満員電車で股間が密着

私は大学生ですが、アルバイトで女子中学生の家庭教師をしています。
教え子の早紀ちゃんはあややに似てるし、お母さんの和江さんも涼風なんとかって女優に似てて、39歳とは思えないほど若くて美人。
もっとも来年の受験に向けて信頼されて家庭教師をしているので、変な考えはなしに週3日行っていますが、やはり美人な熟女に会えると思うとウキウキします。
ご主人はIT関連の会社の役職で忙しいらしく、家庭教師を始めて1年が経ちますが顔を見たのは数える程度。
それもあってか一人っ子の早紀ちゃんにとって私は兄のような存在らしく、和江さんもそんな感じで接してくれています。

今年の夏休みに入ったある日、親子3人で見に行く予定だった映画にご主人が仕事の都合で行けなくなり、代わりに一緒に行って欲しいと和江さんから連絡がありました。
私も彼女が田舎に帰省していて暇だったので付き合うことにしました。
とある私鉄駅で待ち合わせて渋谷まで出たのですが、夏休みということもあって電車は通勤時間帯並の混雑ぶりでした。
渋谷までは40分くらいかかりますが、混雑はどんどんひどくなり、私たち3人は反対側のドアの方に追い込まれ、私は2人を庇いながら和江さんの後ろに立っていました。
すると後ろから押されて私の股間が和江さんのお尻に当たってしまい、まずいと思いましたが腰を引こうにも動けない状態でした。
やがて電車の揺れで、和江さんの柔らかいお尻に当たっているペニスがムクムクと存在感を示し始めました。

教え子のお母さん、電車内、勃起・・・。

どう考えてもまずい状況ですから必死に我慢しましたが、私も若いし性欲もありますから、意に反してペニスは完全に上を向いてしまいました。
大きく硬くなったペニスに和江さんが気がつかないわけがありません。

それでもなんとか誤魔化そうと、「混んでますね。大丈夫ですか?」と声をかけると、「え、ええ・・・」と和江さん。

見ると頬をピンク色に染めて、恥ずかしそうな色っぽい顔をしています。
渋谷まではあと20分くらい、駅は3つ、人は減らない。
人妻の体臭が鼻を突きます。
さすがに手は出せませんでしたが、人に押されるのを利用して下半身をピッタリと密着させ、お尻の感触を楽しんでしまいました。
電車が揺れるたびにムチムチしたお尻でペニスがグリグリされます。
時には体がずれて太ももがお尻の割れ目に当たったりして、罪悪感よりも性的快感のほうが上回ってきているのが分かりました。

渋谷まであと駅2つとなった頃、心なしか和江さんが私に体を預けてくるような感じがしました。
下半身は密着していても上半身はちょっと開けていましたが、いつの間にか和江さんの背中が私の胸にくっついているのです。

(え!?これって・・・)

思い切って膝を軽く曲げて、勃起したペニスをお尻の割れ目にピッタリ宛てがって、力を入れてペニスをヒクヒクと動かしてみました。
すると和江さんもお尻の割れ目を、キュッキュッと締めてくるではありませんか。

ペニスをヒクヒク、お尻がキュッ、キュッ・・・。

尻コキのような下半身のやりとり(?)をしているうちに渋谷に到着しました。
3人で映画を見てから食事をしましたが、その時の和江さんの顔は電車で見た女の顔ではなくお母さんの顔に戻っていました。

しかし、しばらくして和江さんから食事のお誘いがありました。
それはお盆休みのある日で、早紀ちゃんの勉強もお休みでしたが、ご主人は相変わらず仕事で忙しいらしく、夏休みなのにどこにも連れて行ってもらえないし、母娘2人での食事もつまらないということでした。
私はその時、なんとなく予感めいたものがあって、いつものスラックスにYシャツではなく、ハーフサイズのゆったりしたスウェットにTシャツを着て行きました。
(パンツは穿いていませんでした)
和江さんもいつもよりラフな感じで、薄いピンク色のブラウスに白のストレッチ素材のパンツ姿でしたが、上下とも生地が薄くて下着のラインがはっきり分かります。
特にお尻は、前屈みになると縁のレースまでくっきり浮かび、目のやり場に困ってしまいました。

食事中に早紀ちゃんが、「この間の映画、楽しかったね」とあの日のことを話し出し、和江さんは私と目が合うと、俯いて黙り込んでしまいました。
私もあの時のこと思い出すとペニスが勃起してしまい、気持ちを落ち着けようとお茶をおかわりしました。

食事が終わると早紀ちゃんはお風呂に入り、和江さんは後片付けを始めました。
その後ろ姿を見ていると、私は電車でのプリプリしたお尻の感触を思い出し、また勃起させました。

「手伝いますよ」

そう言って食器を持ってキッチンの和江さんの横に行くと、太ももの裏を膝で軽く撫でてみました。

「えっ・・・」

ビクンと体をよじる和江さん。

「あ、ごめんなさい・・・」

わざとらしく言う私。
太ももの感触を思い出してペニスは完全に上を向き、ノーパンなのでスウェットにクッキリと形が現れています。
和江さんは黙って洗い物を続けますが、私が残っている食器を運んだときに、「これで終わりです」と言いながら真後ろに立ち、硬くなったペニスをお尻に当てました。
さすがに和江さんは洗う手を止めて、「T君、だめよ・・・」と言いましたが、体を避けることはありませんでした。

「でも、あの日以来、お母さんのことを思うと、こんなになっちゃうんです・・・」

膝で太ももの裏側を撫でながら、ペニスをお尻にグリグリと押し付けました。

「あ、だから、だめですって・・・」

口ではそう言いますが、和江さんは電車の時と同じように私に体を預けてきます。
私もあの時のことを思い出しながら和江さんの後ろに立つと、膝を軽く曲げて下半身を密着させ、ペニスをお尻の割れ目に押し付け、耳元で囁くように言いました。

「あのとき、感じてたの?」

「そ、そんなこと・・・」

和江さんは顔を横に振りますが、頬とポニーテールにしているうなじがピンク色に上気し始めています。

「だってあのとき、腰が動いてましたよ」

そう言いながら腰を軽く動かすと、和江さんはお尻に力を入れてペニスを締めてきます。

「だって、あの時は電車が混んでたから・・・」

「でも、これが欲しくなったんでしょう?」

ゆっくりと腰をグラインドさせながら、片手でわき腹を愛撫しました。

「ああ、だからT君、だめだって、早紀が・・・」

「まだお風呂から出ませんよ・・・」

「ううん、そうじゃなくて、早紀が寝てから・・・」

「え、早紀ちゃんが寝たらいいの?」

「12時過ぎには寝ると思うから。玄関の鍵、開けとくから・・・」

私が体を離すと、和江さんは力が抜けたようにその場にしゃがんでしまい、スウェットを膨らませている私のペニスを見て、びっくりしたように顔を背けました。
一瞬、顔にペニスを押し付けようと思いましたが、我慢して和江さんの手を取って立たせてあげると、その手をペニスに導きました。

「これ、どうですか?」

「主人よりすごい・・・」

小さな声で言いました。
やがて早紀ちゃんが風呂から上がってくると、さようならを言って一旦アパートに帰りましたが、部屋に戻ってスウェットを見ると先走りでヌルヌルになっていました。
風呂に入って入念にペニスを洗い、12時が過ぎるのを待ちました。

続きの前にちょっとだけ自分のことを。
東京6大学のひとつに通う21歳で、女性経験は10人ほどですが、人妻は初めてなので緊張しました。

和江さんの家に着いたのが午前1時頃。
2階の早紀ちゃんの部屋の電気は消えていて、1階のリビングだけが明かりが点いていました。
玄関ドアをそっと開けて、「こんばんは・・・」と小さい声で言うと、リビングからYさんが出てきました。
白いバスローブで髪はアップにされています。
やはり風呂に入って待っていたようです。

私がスリッパも履かずに近づいて抱こうとすると、「だめ、ここじゃ音がしちゃう」と、和江さんは私の手を取って奥の寝室へと導いてくれました。
寝室に入ると、仄明るい中にダブルベッドが見えました。

(ここで和江さんとご主人が・・・)

なんて思うと、早くもペニスが反応して前を膨らませます。
和江さんを見ると、さすがに躊躇があるのか、ドアに鍵を掛けた後、後ろを向いたまま動きません。
後ろから和江さんを抱き締めると、少し汗ばんだうなじに唇をつけ、舐めました。

「あ、いや・・・」

体をよじる和江さん。
かまわずバスローブの中に手を入れて乳房を探りながら、後ずさりをしてベッドに倒れ込みました。
すると和江さんも覚悟を決めたのか、私のほうを向くと自分から唇を合わせてきました。
そして舌を絡ませながら、手が一直線に股間へと伸びてきます。
意外と大胆だなと思いました。

しばらくは和江さんの好きにさせようと、ベッドに大の字で仰向けになりました。
和江さんはペニスを握ると、ゆっくりと動かしながら・・・。

「T君のって、すごいね」

「お母さんのことを思うと、こうなっちゃう」

「お母さんはやめて、和江でいいから・・・」

「和江のお尻、すごく柔らかいし、ほんとはエッチなんでしょ?」

「ばか・・・」

そう言いながら再び唇を合わせてくる和江さん。
その間もペニスを離さず、手のひらで包むように撫でてきます。
すると和江さんは前を肌蹴ると、舌を伸ばして乳首を吸ってきます。
(女性に乳首を吸われるのは初めてでしたが、結構気持ちいいものですね)
そして舌は胸からお腹へと下がっていき・・・。

「ね、T君の、見てもいい?」

「うん、いいよ」

私が腰を浮かすと、和江さんはパンツに手をかけ、ゆっくりと下ろしていきます。
開放されてギンギンに上を向いているペニスを見て・・・。

「あ、あ・・・ほんと、すごい・・・」

私のペニスは勃起時16センチで平均よりはちょっと長いくらいですが、カリが張っているのが自慢です。
ペニスを見つめる和江さん。

「ね、舐めて・・・」

和江さんは戸惑いがちに顔を股間に近づけると、ゆっくりとペニスを咥え、初めは弱く、やがて強く吸ってきました。
それからは1人の女になって本能のままペニスをしゃぶってくれました。
唇に出入りするペニスがヌラヌラと唾液で濡れていくのが分かります。
さらに根本を握ると裏スジを下から上へと舐め上げ、尿道を吸い、玉も皮のしわを伸ばすようにペロペロと舐めてくれます。
さすがは人妻という濃厚で気持ちいいフェラチオでした。

「ねえ、我慢できなくなっちゃうよ、一度、出してもいい?」

「え~、じゃあ私の中に・・・」

和江さんはバスローブをはだけると私の上に跨がり、ペニスを持って自分でヴァギナに導き、ゆっくり腰を下ろしてきます。

ヌチュッ・・・。

ペニスの先がヴァギナに飲み込まれると、ズズッと奥まで入っていきます。

「は、あん、すごい、奥まで来てる・・・」

初めは前後にゆっくりと、やがて回転するように激しく和江さんの腰が、クチュクチュと粘膜の擦れる音が部屋に響きます。
やはり若い子とは違います。
私は自分で腰を使わなくてもイキそうになりました。

「うっ、もう出ちゃうよ・・・」

「うん、いいよ」

「でも、中でいいの?」

「うん、大丈夫だから、中に・・・」

和江さんは腰を動かしながら上体を前に倒して唇を合わせてきます。
和江さんの唇を吸いながら抱き締めると、ここで初めて自分から突き上げ、和江さんの中にザーメンを注ぎました。
人妻の激しい腰使いに思わずいつもより早く発射してしまい、ちょっと気まずかったのですが、和江さんは私に気を遣って、「気持ちよかったよ・・・」と言ってくれました。

和江さんは私から下りて横になると、ポツポツと話を始めました。
昔の恋人のこと、ご主人のこと、そして不満・・・。
まずペニスが小さいこと。
フェラは要求するのにクンニはしてくれないこと。
いつも正常位で時間も短く、自分がイクと終わり・・・。
さすがに欲求不満だったようです。
そして早紀ちゃんが生まれた頃からご主人の仕事が忙しくなり、同時にセックスも少なくなり、ここ数年はそれこそ年に1回か2回くらいだとか。
加えて、どうやらご主人は2年前から浮気をしているようで、やたらと出張が多いのもそのせいもあるとか。

そんな話を聞いているうちにペニスが元気を取り戻したので、和江さんを抱き寄せて硬くなったペニスをお尻に押し付けました。

「また、こんなになっちゃった」

「あ、あ、すごい熱い・・・」

和江さんはお尻をくねらせてペニスをグリグリと刺激してきます。
私は首から肩へ舌を這わせながら、ペニスを和江さんのお尻の割れ目に素股風に食い込ませると、クイクイと腰を動かしました。

「こうするとこの間の電車みたいでしょ・・・気持ちいい?」

「いやらしい、でも、好き・・・」

和江さんも私に合わせて腰をピクピクと動かしてきます。
和江さんの愛液と私の精液が混じっていやらしい音がします。

「これでいいの?このまま出しちゃうよ」

「いや、ちゃんと入れて・・・」

「じゃあお尻を上げて・・・」

私は和江さんを四つん這いにさせて後ろに回りました。

「和江のここ、すごいよ、ヌラヌラ光ってる」

「いや、見ないで・・・」

「感じてるんでしょ?アソコがヒクヒクしてるよ」

「あ、あ・・・恥ずかしい・・・」

指で開くとプックリと膨らんだクリが見え、それを指で撫でると・・・。

「はっ、そんな、嫌・・・」

「嫌なの?じゃあやめる?」

「もっと、して・・・」

和江さんにM気があると感じた私は、ペニスをクリに擦りつけながら言葉で攻めました。

「これをどうして欲しいの?」

「早く、入れて欲しい・・・」

いきなりペニスをアナルに当てました。

「入れるの?ここに?」

「いやん、そこじゃない、もっと下・・・」

お尻がキュッと締まります。

「どこだろう?ちゃんと言ってみて・・・」

「そんな、言えない・・・」

「じゃあ、ここに入れちゃうよ」

再びアナルにペニスを当てます。

「あっ、だめ・・・ぉ・・・こに・・・」

「何?聞こえないよ」

「お、んこ・・・」

「はっきり言って」

「あぁ、いや、お、ま、ん、こ・・・」

ついに上品な顔から4文字が・・・。
私は興奮してペニスをヴァギナに宛てがうと、腰を強く突き出しました。

「ここか!」

「あっ、ひぃ・・・」

和江さんは背中を仰け反らせるとガクンと腕を折、顔を枕に埋めて喘ぎ声を上げます。
腰を抱えて激しくグラインドさせ、和江さんの奥を掻き回すように突きます。
腰が崩れ落ちてうつ伏せになっても後ろから突き続けました。

一度関係を持つと女性は大胆ですね。
早紀ちゃんの勉強で行く日には、スリットの入ったタイトスカートだったり、胸が大きく開いたTシャツだったり、以前と比べて女っぽい服装です。
それに早紀ちゃんの見えないところで胸を腕に当ててきたりするので、私もお尻を撫でたり、時には胸を触ったりします。
早紀ちゃんの受験が終わるまでまだ半年。
早紀ちゃんも15歳、エッチに興味のある年頃ですから気付かれないように注意しないといけませんね。