エッチの相性が抜群なお隣のヤンママ

今住んでるアパートに引っ越してきて5ヶ月ぐらい経ちました。
2階建ての木造アパートで、4世帯が住む小さなアパートです。
駅からそんなに遠くはないけど古いから安いわけで、どうせ寝るだけだしと思って引っ越してきました。

上には同棲している大学生とおばちゃん。
隣は明らかに2人とも昔はヤンキーだったんだろうなっていう若い夫婦。
子供は小学生になっているようで、喧嘩が始まるとかなりうるさい。
引っ越しの挨拶に行った時にヤンママを見ましたが、ノーメイクっぽいのに結構美人系でした。
でも眉毛は細過ぎだし、黒いスウェットの上下という姿は、ぶっちゃけ(うわぁ・・・)って感じでした。

仕事の都合で俺は平日に休みがあり、彼女もいない俺は休みの日はいつもパチンコやスロットに行ってました。
近所に3店舗あって、休みはそのどこかの店に行ってる感じです。
2ヶ月ぐらい前もいつも通り、朝っぱらからパチンコ屋に行ってました。
その日は朝からツキまくりで、昼には20箱ぐらい出てたんです。
余裕をカマして昼飯を食べて戻ってみると、なんと隣に座っていたのはお隣のヤンママでした。
煙草を咥えてイライラしたような態度で打ってました。

シカトするのも変なので、「どうも」と声をかけました。
一瞬『あぁ?』みたいな顔をしたけど、俺だと気付くとにこやかに挨拶。
別に喋ることもないので黙々と打ってたんですが、どうにも隣が気になるわけです。
見る見るうちにお金を吸いこんでいくし、少なくとも2万は使って一度も当たりなし。
可哀想になったんで、「出てるからどうぞ」って1箱あげました。
それでも出ないのでもう1箱あげましたが、さらに追い金。
聞けば、もう4万も負けてるらしい。

(アホだな)と内心呆れてました。

でもヤンママは生活がかかってるみたいで、かなり熱くなってて・・・。
夕方、俺は30箱ぐらい出てて、ヤンママは5万の負け。

「先に帰ります。頑張ってね」

換金して歩いていると、後ろからヤンママが追いかけてきました。
並んで帰りながらパチンコの話をしていると、アパートの前まで来たときに言われました。

「絶対返しますから、お金貸してくれませんか?」

なに言ってんだって思いながらも、ヤンママらしからぬしおらしい態度に負けて貸すことにしたんです。
さすがに路上でお金を渡すわけにもいかず、とりあえず玄関まで入ってもらいました。

「いくら貸したらいい?」

「できれば・・・3万ぐらい・・・」

3万円貸しました。
ペコペコ頭を下げながらお礼を言われ、ヤンママは帰っていきました。
返ってくるか心配でしたが、予想に反して3日後にお金が返ってきました。
扉の郵便受けに封筒があって、3万円と一緒にお礼の手紙も入っていました。

それで次の週になり、またパチンコ屋でまた負けまくってるヤンママに遭遇したんです。
結構可愛い感じなので、またしても2万円貸してしまいました。
それで、また次の週にパチンコ屋で会い、頼まれて3万円貸しました。
合計5万円ですが、返済の様子がありません。

(まあ、どうせパチンコで勝ったお金だし・・・)と諦めていました。

するとなんと、その2日後の夜、ヤンママが部屋を訪ねてきたんです。
俺が仕事から帰ってきた音を聞いたんだと思います。
家に入ってすぐにインターフォンが鳴り、出てみるとヤンママが申し訳なさそうに立っていました。

「またお金を貸して欲しい・・・3万でいいから貸して下さい・・・」

「またパチンコで負けたの?」

そう聞いたら、キャッシングの返済期限が明日までで、払い込まないと旦那にバレると言うんです。
玄関先で話す内容でもないので、とりあえず中に入ってもらいました。
パチンコで負けてお金を借りているのは秘密だそうです。
俺からの借金では追いつかず、ア◯ムで借りちゃったらしい。
最悪なのは、携帯も止められててにっちもさっちもいかないと言うんです。
すでに5万貸してるから合計8万になるので、俺も少し悩みました。
貸すお金はありますが、このヤンママに貸すって、お金を捨てるようなもんですから。
俺が躊躇していると、ヤンママがVシネマみたいなことを言い出しました。

「なんでもしますから・・・お願いします」

それも土下座。
目の前でヤンママが土下座して頼み込んできたんです。
なんかその姿にキュンとしたというか、ムラムラしてしまいました。
見た目、気が強そうなヤンキーなのに、その時は気弱な女の子になっていたんで。

「何でもするの?」

「はい・・・」

「ホントに?」

「子供産んでるけど・・・いいですか?」

もう話は分かっているようで、勝手にそんな事を言ってきました。

「じゃあとりあえず3万貸すね。今、ここで舐めてくれる?」

「はいっ!ありがとうございます」

財布から3万を抜き、テーブルの上に起きました。
ヤンママは目の前に正座したままだったので、自分でベルトを外しました。

「やってくれる?」

「あっ・・・はいっ・・・」

ヤンママがササッと近寄ってきてズボンを脱がせてくれました。
すでにトランクスはテントを張っていて息子はギンギン状態です。
目の前にボロンと出すと、一瞬、間がありましたが、すぐにヤンママは息子を握ってきました。
なんていうか、あまり躊躇がないみたいでした。
いきなりそのままパクッと亀頭を咥えて、ジュルジュルとしゃぶりだしたんです。
朝シャワーを浴びてから洗ってない息子だから、少しは臭うと思うのに。
俺は足を投げ出した状態で、ヤンママは膝をついて激しいフェラを始めました。
かなり慣れているのか手も上手に使ってきて、フェラは久しぶりだったので刺激的でした。

このままじゃ数分で射精しそうだと思い、「もうちょいゆっくりしてよ」と要求しました。
ヤンママは謝りながら今度はペロペロと舐め始めます。
これまた最高に興奮しました。
そっとスウェットの胸元から手を入れて、ブラの上からオッパイを揉みました。
予想外に大きくて、ムニュムニュと柔らかい巨乳でした。
カップの中に手を入れて直でオッパイを揉むと、しゃぶりながら軽く吐息が漏れてきます。
乳首はすぐにコリコリになって、それを摘まむと吐息が出るみたいな感じでした。
もうヤリたくてウズウズしてきた俺は、「8万を体で払う?」と聞いてみました。

「私なんかでいいんですか?」

ウルウルした上目遣いで聞いてくるヤンママ。
思わず抱き締めてキスをしてしまいました。
舌を捻じ込むとヤンママの舌が絡み付いてきて、すぐに激しいディープキスになりました。
服の上からオッパイを揉みつつディープキスをしていると・・・。

「でも、今日は時間が・・・」

「なんで?」

聞くと、旦那が23時過ぎには帰ってくるらしい。
すでに22時半頃だったので時間が足りないと。

「じゃあ口でしてよ」と言いました。

ヤンママの激しいフェラで、我慢することなく数分で口内発射。
ごっくん&お掃除。
ヤンママとメアド交換をして、時間が合う時にまた会う約束をして帰しました。

次の日にメールで都合を聞き合い、金曜日に会うことになりました。
金曜は旦那が飲んで帰ってくるらしく、0時ぐらいまでOKとのこと。
当日は19時ぐらいに帰宅してヤンママを呼び、部屋に入るなり抱き締めてディープキス。
しばらく舌を絡め合い、一緒にシャワーを浴びました。
明るい場所で裸になるのは恥ずかしいと言っていましたが、子供を産んでるくせになかなかのスタイルでした。
妊娠線があってケツと胸が垂れ気味だったけど、それでもクビレはあるし、肌がしっとりしてツルツルでした。

体を洗ってくれたヤンママは照れながらもしゃがんでフェラをしてくれました。
ベッドに移動してからはヤンママの体を舐めまくり、手マンをするとびっくりすほど濡れまくり。
潮なんて吹かれたら大変なので激しくはしませんでしたが、アナルに垂れるほど濡れていました。
で、その日のために買ってきた薄いゴムを付けて挿入。
入れてからはもう感じまくりで、ビックリしました。
聞けば、旦那とはもう2年ぐらいまともにエッチしてないみたいです。
こんなに長く前戯して入れたのも久しぶりだし、しかも俺のが長くて奥に当たるらしい。
借金返済とか言いつつ、結局ヤンママ自身が楽しんでいるようなエッチになりました。

「奥に当たって気持ちいい」と騎乗位で腰をグラインドしまくるし、勝手に「イクぅぅっ!」ってイク始末です。

興奮しまくりだった俺は、思わずバックの時にケツを引っ叩いてしまったんですが、これもまたヤンママのツボだったみたい。
乳首を引っ張られたり抓られたりするのも感じるドMみたいで、終わってみれば3回もイッてました。
当然のように精子が溜まったゴムを外してくれて、残り汁もチューチューとしゃぶってくれました。

「あと何回ぐらいしたらいい?」

添い寝している時にヤンママに聞かれたので、「分かんない」と答えておきました。
旦那への罪悪感とかあったんだと思いますが、その後も、もう6回はうちに来てエッチしています。
しかも途中からはゴムなしの生。
それもヤンママの希望でした。
借金はただのきっかけで、今ではセフレみたいな関係になっています。

1回、うちに女の子2人が遊びに来た日があって、セックスの声が聞こえたのか、メールで『誰?連れ込んでるの?』とか聞いてきてました。
『ただ友達』って返事をしたら、次の日の夜、いきなりうちに来て襲いかかるように体を求めてきました。
先週なんて最高記録の5回も昇天してました。
隣に旦那がいる時間なのにです。
ちょっと最近、彼女気どりにもなってきているのが不安だけど、ヤンママとのエッチの相性は抜群です。
でも、お隣さんなんで、いつか旦那にバレるんじゃないかとヒヤヒヤしている今日この頃です。