エロすぎる勝負下着で悪友に会いに行った妻

ふと見た寝取られサイトで私の中にあるM性に火がつき、自然に寝取られ願望を持つようになりました。
良妻賢母でまじめな妻のみき(43歳)にそのような話をしても100%無理だと思った私は、その思いを抑え切れず、幼なじみで悪友の琢磨(45歳)にその思いを相談、琢磨に妻を誘惑してもらうことにしました。
さすが遊び人の琢磨、寝取られや複数プレイ、露出やSMといった色んな世界があることをよく知っていて、私の話を快諾してくれました。

「寝取ってエロい女にしたらいいんだな。任してくれ」

自信たっぷりに返事をする琢磨に、「でも、うちのみきはそんな簡単には堕ちないぞ」と言い、もし堕ちた時は全てを報告してくれること、出来れば写真とかも撮ってくれたら嬉しと話すと、全てOKだと言いました。
あまりにも簡単に言うので、本当に大丈夫かなと一抹の不安を抱きましたが、サーファーで今でも現役の遊び人でもある琢磨は見た目も若く、琢磨なら妻も誘惑に乗るかもという期待もありました。

妻は真矢ミキによく似ており、知り合いからも言われますし、ナンパされることも多いと聞いています。

「お前の奥さん、真矢ミキにそっくり。いいなあ、抱きたいよ」

などと友人から羨ましがられたことが何度もあります。
そういう話をすると、潔癖な妻は怒り出します。

「女として見られるのが嫌だわ」と。

妻は男は私以外に知らないと思います。
とても若く見えるらしくて、実年齢を言うと驚かれます。
琢磨に依頼したその時点での私の期待度は5%くらいでした。
それくらい妻は貞操観念が強いですから。

2人の出会いは偶然を装うため、妻が通ってる町営のスポーツジムに琢磨を行かせ、その場で徐々に2人が仲良くなるという作戦を練りました。
妻がスポーツジムに行くのは平日の昼間の決まった時間で、子供を保育園に預け、家の用事をしてから毎日2~3時間、汗を流しています。
不動産屋の息子でボンボンの琢磨は昼間も自由がきき、妻のその時間に合わせて行ってくれると言いました。
琢磨が行ったと思える初日、私は昼前からドキドキして仕事がとても長く感じました。
そしてその夜、仕事を終えて私が帰宅すると、早速妻が琢磨の話をしてきました。

「ねぇねぇ今日ね、ジム行ったら、パパの友達の誰だっけあの人・・・あの不動産屋さんの・・・」

「琢磨?」

「そうそう、あの琢磨さんって人も来てたよ。なんか前から通ってるんだって」

「ふ~ん、それで?」

「うん?それだけ」

(それだけかよ)ってツッコミたくなりましたが、聞くとこの日は挨拶し、ひと言ふた言話をしただけで終わったみたいでした。

それから1週間、毎日のような帰ると妻が、「今日も会ったよ」とジムに行った話をし、まだ具体的に口説かれてる様子はありませんでした。

「でもあの人すごいよ。腹筋とかスッゴい割れてて」

「あいつ、サーファーだからな」

「だからあんなに焼けてるんだ~」

妻が琢磨の肉体に少なからず興味を持っているのがわかり、私の期待度は少し上がりました。
2週間ほどして仕事中に琢磨からメールが来ました。

『明日、みきちゃんとランチする約束をしたよ』

マジかよという思いで、『それでみきはOKしたのか?』とすぐ返信すると、OKしたと琢磨からVサイン入りの返事がありました。
そのメールで私の期待度は更に上がり、帰宅してからのみきの態度に注目しました。

(果たしてみきはその事実を私に話すのか?)

話したならあまり脈はないのかもしれない、逆に黙って行くのなら・・・。

私はドキドキしながら帰宅しました。
私が帰宅すると、一瞬ですが妻は私から目を逸らしました。
いつもは琢磨の話やジムの話を色々とするのに、この夜の妻は琢磨の話もジムの話も一切しませんでした。
その様子に私の期待度は一気に高まり、同時に躊躇いの気持ちが湧き上がりました。

(止めるのなら今だ)

多少の葛藤はあったものの、やはり私は寝取られ願望を選び、妻には何も言わず、そのまま行かせることにしました。

翌日、それが気になって昼前からほとんど仕事にならなかった私は、琢磨からの事後報告を待ちました。
この日2人はホテルのレストランでランチを食べ、そのまま一緒にジムに行ったらしく、琢磨は「堕とすのも時間の問題」という期待度満点の話をしました。

この日をきっかけに妻と琢磨の距離は急速に縮まり、琢磨の猛アタックが始まりました。
それからも妻は琢磨と2人で何度かお昼を一緒にしたみたいで、親密度もかなり高まっている様子でした。
琢磨は妻を夜の飲みに何度も誘ったみたいですが、さすがにそれには妻も「うん」とは言えず、断り続けているみたいです。

「さすがに昼間から酒も飲まずにホテルには誘えないしなぁ」

琢磨から逆にそんな相談を受けた私は、週末子供たちを連れて実家に帰るという計画を立てました。
妻には、「一晩泊まってくるけど、どうする?」と聞き、「もしあれだったら優子ちゃん(妻の親友)と2人でたまには飲み会でもしてきたら」と言うと、ちょっと嬉しそうに、「じゃあ優子に聞いてみる」と言いました。
私が妻にそんな話をしてしばらくして、琢磨からのメールが届きました。

『みきちゃんにやっとOKをもらったよ』

予想通り妻はその週末、優子ちゃんを誘わずに、琢磨の誘いを受けていました。

そしてその週末が遂にやってきました。
計画通りに子供を連れて実家に帰った私は、その夜が待ち遠しく、実家にいても考えることは妻のことでした。
琢磨の報告では、夕方6時に妻と会い、割烹料理屋に行って、その近くの一流ホテルのバーへ誘って、そのままそのホテルへチェックインするという計画でした。

夕方6時がやってきて、私は居ても立ってもいられなくなり、実家に子供たちを預けて車を走らせ、妻たちが行ってるであろう料理屋に向かいました。
その料理屋の前には確かに琢磨の車がありますが、中の様子までは窺えません。
私は気づかれない所に車を停め、2人が出てくるのを今か今かと待ちました。
待ちくたびれた頃、やっと2人が料理屋から出てきて、琢磨の車に乗り込みました。
その妻の姿にドキッとしました。
めったに穿かないミニスカートを穿いていたからです。
ミニスカにブーツ。
その姿は20代でも十分に通用する可愛い格好で、その姿にこの夜の妻の気合いを感じました。
この夜、妻は何かを期待して来ている・・・と。

走り出した2人の車を追うと、琢磨の計画通りにホテルへ入り、2人はそのままホテルのバーに向かいました。
妻は琢磨に料理屋でかなり酒を飲まされたみたいで少し千鳥足で、琢磨に支えられるように歩いていました。
琢磨は料理屋では酒を飲まず、そのバーに行ってから酒を飲んで、「飲んだから車の運転が出来ない、だからここにチェックインしようか」と妻を誘うつもりです。

私は2人がバーに入るのを見送ってから子供のいる実家に帰り、後は琢磨からの事後報告を待つことにしました。
琢磨からの事後報告メールは明け方に届き、そこにはVサインが7つも並んでいました。
その後、改めて届いた琢磨からの詳細メールには、事の顛末がよくわかるように事細かく書いてありました。

――――――――――――
割烹料理屋まずはビール、その後に地酒(銘酒)を勧めるとみきちゃんはかなり酔ったみたいで、料理屋を出てホテルまでの車の中、ミニスカートの裾がめくれて中が見えそうでかなり興奮(笑)

「大丈夫」と手を握ると、「大丈夫」と答えて手を握り返してきた。

ホテルのバー。
そこでも何杯かのカクテルを飲んだみきちゃんは、もう堕ちたも同然。
色っぽい目で俺を見つめてきたりして、それにもまた大興奮。
腰に手を回しても足に手を置いても怒られることなく、興奮してかなり早めからチェックインを匂わす。

「チェックインしてくるね」と言うと、「どうして?どうして?」と甘えた声で聞いてくるみきちゃんに、「お酒飲んじゃったから運転出来ないし」と言うと、「でも代行があるし」とのご最もなご意見。

その後、何度かチェックインを申し出るも、なかなかOKが出ない・・・。
でも足を触ってても怒られないので、脈ありと見て諦めずに交渉を続ける。
諦めずに交渉を続けていると、「じゃあ部屋を見るだけでも」ということでなんとかOKをもらったので、慌てチェックインしに行く。
チェックインを済ませ、2人で部屋に向かう途中でみきちゃんは、「私は人妻ですよ」と言い、部屋に入る前にも、「お部屋を見たらタクシーで帰るからね」と念を押される。
部屋の入口で、「はい、見たから帰るね」と中へ入ろうとしないみきちゃんに、「意地悪言わないでよ」と言い、背後から抱き締めて部屋の中へと押していく。
窓から見えるキレイな夜景をしばらく2人で見つめる・・・。
抱き締めていた手に力を入れて強く抱き締めると、みきちゃんは体を俺に預け、「やっぱりちょっと飲みすぎたみたい」と。

「大丈夫?」とみきちゃんの顔を覗き見ると、ウルウルした目で俺を見つめ、思わずそのままキス。
一瞬拒まれそうになったけど、強く抱き締めながらキスすると、そのままディープなキスに発展。
そこまで来たらもう止まらず、愛撫しながら1枚ずつ服を脱がせていった。
真っ赤な下着姿が色っぽくて再び大興奮。
勝負下着?
ブラジャーを外すと、「小さいから」と恥ずかしがって胸を隠す。
でも乳首を舐めると敏感に感じ、下はもうビッチャリ濡れていた。
濡れやすい方?
ベッドで全身を舐めてやるとイキまくっていた。
その後、みきちゃんもしっかりフェラしてくれた。
フェラテク有り!

強く抱き締めると力が抜けるみきちゃん。
Mっ気ありと見た俺は、みきちゃんを四つん這いにし、辱しめながら指責め&舌責め。
すると、恥ずかしがりながらもされるがまま激しく喘ぎ続ける。
予想的中!
最後は四つん這いで俺の全身に舌を這わせていたから間違いない(笑)
アナルも指で責めると感じていた。
調教済みか?
結局、朝までに3回抜いてもらった。
みきちゃんに感想を聞くと、「すごい良かった」とのお返事。
――――――――――――

琢磨からの詳細メールはかなりショッキングな内容のものでした。
そもそも真っ赤な下着なんて知らないし、妻がMで琢磨の体の隅々まで舐めたなんて、とても信じられないことでした。

琢磨からのメールを受け取ってから帰宅した私と子供たちを、妻はいつもの笑顔で出迎えてくれました。
トイレに行くふりをして洗濯機を見ると、ランジェリーネットの中にある真っ赤な下着を見つけました。
股の部分に明らかな大きいシミがあり、ショッキングな琢磨のメールが蘇ってきました。
その夜、私は久しぶりに妻を抱き、琢磨がしたように辱しめ、乱暴にしてやりました。

(1日に2人の男とセックスする淫乱女め!)

そんな思いを込めて激しく指責めをすると、最初は『どうしたの?』という感じだった妻でしたが、これまで見たことのない姿で乱れ始めました。
四つん這いにして、琢磨に責められたアナルを舐めてやると・・・。

「あっ、何?どうしたの?あっあっあ」

激しく妻は感じていました。
私も琢磨に負けじと3回イッてやりました。
私は妻と琢磨の行為に興奮し続けて、それから3日間続けて妻を抱きました。
こんな事は新婚当初以外なかったことで、妻は『一体どうしたの?』という感じでした。
もしかしたら浮気が私にバレてるかもしれないと妻は思ったかもしれませんが、まさかその計画を立てたのが私だとは思ってもいないでしょう。

それからも妻は琢磨と毎日のようにジムで会っていましたが、私のそんな行為に警戒したのか、ジム以外では琢磨と会わずにいました。
ただ、一度結んでしまった男女の仲は簡単には切れず、琢磨に誘われるままジム帰りに昼間からラブホに入って2度目の関係を結ぶと、その後はなし崩しに3度目4度目と関係を持ち、その情報は全て琢磨から私に入っていました。

3度目の関係でバイブを使わせたこと。
4度目には携帯でオマンコの写真を撮られたこと。
(その画像受信済み)

セックスが始まると妻はまるで奴隷のように琢磨からされるがままで、毎回琢磨の足の指やアナルまで舐めるそうです。
琢磨との関係が始まって確実に妻の淫乱度は上昇し、私とのセックスでも自分から舐めてくるようになりました。
特に琢磨とセックスしてきた夜は激しくて、私たち夫婦のセックス頻度は新婚当初以上に激しくなりました。

私と琢磨は頻繁に連絡を取り合い、どうすればもっともっと妻を淫乱な女に出来るか、相談しあっていました。

「外でするのってどう?」

「野外プレイ?それいいかもな」

琢磨は、「露出狂が集まるサイトがあるから、それにスレを立ててその露出を覗かせよう」と言いました。

琢磨はとりあえず2人だけの野外プレイから始め、ジム帰りにホテルには行かず、車の中や公園のトイレなどでセックスをして、露出プレイに妻を慣れさせることから始めました。
それと一緒に写真撮影をし、みるみるうちに妻の淫画像が山ほど溜まりました。
最初、顔は写さないという約束で撮らせたそうですが、途中からは顔出しが普通になっていました。
野外でのパンチラ、乳出し、ノーパン、ノーブラ・・・。
琢磨との野外デートはマイクロミニがお決まりになりました。
最初は山の中の公園や人気のないパーキングなどで行なっていましたが、見られてるかもしれないドキドキ感を求めて、徐々に人気のある場所(公園やゲーセン)で露出するようになりました。

少し慣れてきた頃、琢磨は妻に露出サイトの話をして、「実際に見せてみようか?」と提案しました。
見せるだけの約束で妻はそのサイトでの募集をOKし、“単独さんを呼ぶ”というプレイに発展しました。
最初は変な人が来るんじゃないかと怖がり、かなり恥ずかしがって躊躇していた妻でしたが、何度とその場を踏むと単独さんにも慣れて、見せるだけでは済まなくなり、次は触らせたりもするようになりました。
送られてくる単独さんの写メを楽しそうに見るようになり、その中から自分の好みの人を選んで呼ぶようになりました。
自分の好みの人だから触られても感じるし、チンポをしごいてあげたりフェラまでしたりするようにもなりました。
挿入はないにしても、不特定多数とそんな事をするなんて、本当に考えられないことで、フェラまでするのも挿入までも大して変わらない気がしました。

次の段階で琢磨は、挿入までする3Pを提案しました。
私が「妻がOKするなら」と言うと、すでに単独さん慣れしている妻は意外に簡単にOKしたみたいで、男2人を同時に相手する3Pに興味津々だったそうです。
初の3Pの相手として、前に妻がフェラまでした男性を呼んだみたいでした。
その男性と琢磨2人に囲まれて座る妻は、やはり緊張してるみたいでしたが、2人同時に責められると一気に高まり、2人の玩具になっていました。
ここからは琢磨が撮ってくれた動画を再現します。

「ほら、どうするの?エッチしたいんやろ?」

琢磨にそう言われると妻は恥ずかしそうに「エッチして下さい」と言います。

「誰としたいの?どっちとしたいの?」

「2人と・・・」

「じゃあ『2人でエッチして下さい』やろ」

「2人でエッチして下さい」

「1人で2人も欲しいの?いやらしいなぁ」

「うん・・・」

「ホントに淫乱やなぁ」

「うん・・・」

「チンポ2本、いっぺんにしゃぶってみ」

「うん・・・」

「はい、カメラに向かってポーズ。どっちのから入れよか?単独さんのんから入れてもらおか?」

「うん・・・」

「じゃあ挿入前のリップサービス」

琢磨にそう言わると妻は、単独さんの全身に舌を這わせ始めました。
尻の穴まで舐めてギンギンにしたペニスに妻が口でゴムを被せると、そのペニスに跨がって自ら腰を振りました。

「うっああっあっ」

「気持ちええか?チンポ入れられて気持ちいいの?」

「うん、気持ちいい」

「誰のチンポが一番ええの?」

「琢磨さん」

「そやな、でも単独さんのチンポも気持ちええんやろ?チンポ好きやもんな」

「うん・・・ああっあ」

「単独さんに『いっぱい出して』ってちゃんとお願いした?」

「中でいっぱい出して・・・」

そんな風にして単独さんとの初めての3Pは無事成功し、それから妻は複数プレイにハマるようになりました。
最初は普通に妻の選んだ好みの単独さんと3Pをしていましたが、単独さんが2人に増え、3人に増え・・・。
今度は単独さんを妻が選ばずに琢磨が勝手に選んで、その相手との目隠しプレイに。
妻はどんな相手としてるのかもわからないままプレイが始まり、挿入してからその相手がどんな相手なのか知ることが出来るというシークレットプレイ。
目隠ししてソファーに座る妻を、部屋に静かに入ってきた単独さんが2人がいきなり両側から乱暴な愛撫を始め、ブラジャーもパンティもむしり取られるようにして丸裸にされる妻。
乳房を荒々しく揉まれ、陰部を大きく開かれて散々覗き込まれた後、指責めされ、そうしてるうちに1人のペニスを無理やりしゃぶらされて・・・。
それから犯されるように乱暴に突きまくられ、突き立てられながらその相手を妻が見ると、それはまだ10代の青年2人でした。
こんな年下の相手にこんなを事されてしまってる・・・。
妻はそんな精神的ショックを快楽に変え、乱れまくりました。
妻は2人の全身を奴隷となって舐め回しました。
2人の前で四つん這いになって陰部を開き、「見て下さい」とお願いをしてアナルまでをも曝し、「いっぱい犯して」と再びお願いをして、2人に3回ずつ、計6発の射精を妻は立て続けに受けました。
妻は他人から6発もの射精を受けたその体を、夜にまた私に堂々と見せます。

琢磨はブサメンばかりを集めたり、オタクばかりを集めたりとマニアックな人選をしますが、妻はそんな嫌なタイプとする精神的ショックを快楽に変える術を持っていて、そんな男性とも結果的には淫らに燃えるセックスをします。

そもそも私の寝取られ願望からこうなったのですが、妻のあまりの激走っぷりに私の中に焦燥感が湧き上がり、このままだと本当に琢磨に取られてしまうのではないかという一抹の不安も拭いきれませんでした。
確かに琢磨はよくやってくれました。
動画や画像での克明な報告、それはどれも私の寝取られ願望を満足させるものでした。
妻の淫乱な姿を見れば見るほど、(もっと淫乱にして欲しい、もっと変態なことをさせて欲しい)・・・そんなさらなる要求を抱き、琢磨はそれに応えてくれました。

ここまで一気に書き上げましたが、これにて一旦終わりにしたいと思います。