巨根の義父に堕とされた嫁

私は34歳で、母(バツイチ)は52歳。
母は48歳で再婚しました。
相手は10歳年下で現在42歳。
一応私の義父になります。
図々しくて女癖が悪くて・・・。
そして何よりもチンポが長くて太いのです。
温泉に行ったときに見てびっくりしました。

その義父が私の妻(27歳)を一目で気に入って・・・。
妻も義父みたいなタイプが好きなのはわかっていました。
親子4人家でくつろいだときは必ず妻と義父が夜遅くまで起きていて、最近は2人きりになるとどぎついくらいにエロ話で盛り上がっているのをトイレに起きたときに盗み聞きしてしまいました。

そんな中、私の母が入院している間、義父の食事や身の回りの世話を頼まれました。
約2ヶ月の入院予定でした。
同居生活を続けていたある日、義父の寝ている部屋の押入れに探し物があって入りました。
何気なくゴミ箱を見たら、間違いなくオナニーの後のティッシュがありました。
少し鼻を近づけただけでまさにそれとわかりました。

そのとき私は、はっ!としました。

先日、妻が義父の部屋に入ったときに、「あっ・・・ごめんなさい」と言って慌てて出てきたことを思い出しました。

1.義父の部屋のゴミ箱を捨てていたのは妻でした。
2.義父が同居を始めて、あんなに嫌がっていたオーラルセックスを妻が初めてしてくれた。
3.精液の匂いが嫌いだったはずなのに、突然精液に興味を持ち始めた。
4.妻とセックスをしている最中に隣の部屋に人の気配を何度か感じた。
5.カーテンを開けたまま妻とセックスしたときに庭で物音がした。
6.義父がいるので風呂上がりの妻は必ず普段着に着替えていたのに、ノーブラにTシャツやパジャマで平気で歩くようになった。

そんな時に私は出張になってしまいました。
絶対にやばいと思い、妻に実家に帰るように勧めましたが、妻は義父が困るからと拒んだのです。
私は友人からボイスレコーダーを借りて、ベッドの裏とリビングの棚の裏に仕掛けて出かけました。

出張から帰って・・・。
2人の態度は何も変わらずでした。
私は何も音声が残っていないことを望みつつ、半分、妻の喘ぎ声が響き渡ったらどうしようという期待と怖さと嫉妬と愛情が入り混じった気持ちを味わいながら、こっそりとボイスレコーダーを再生しました。

レコーダー1(リビング)の再生音声は食事のときの内容でした。

「友美ちゃんと2人きりなんて、なんか新婚気分やなぁ~。オジサン幸せ!」

「もぉーっ、いつもそんなことばっかり!」

「嫌やったらサウナにでも泊まるから心配せんでええよ」

「そんなことはないよ。たまには2人で差しつ差されつ飲みましょ」

「刺しつ刺されつなんて、友美ちゃんは相変わらずエッチやなぁー」

「もぉー!その刺すじゃないって!」

「ほらほら、そうやってすぐに反応できる友美ちゃんが好きなんや」

しばらくはそこそこエッチな会話と食事の話、世間話が続きました。

「しかし、友美ちゃんにセンズリ見られたときは恥ずかしかったでぇー」

「私のほうがびっくりしたわよ!部屋に入ったら、いきなりニョキニョキちんちんが目の前にあるんだからぁー」

「なぁー男のセンズリ、何回見たことある?」

「初めてに決まってるじゃないの!」

「感想は?」

「うーん、その気持ちを味わってみたい・・・かな」

「こればっかりは無理やなぁー、ハハハ」

「オカズっていうの?それってどんなのをオカズにするの?」

「怒らんか?」

「えっ?それってもしかして・・・私?」

「見たんや、この前。夜中に車に携帯電話忘れて取りに行った時に寝室のカーテンが開いてて、覗く気はなかったんやけど、友美ちゃんが真っ裸で貫之君にハメまくられて悶えまくっとったんを」

「いやぁーん、マジ?」

「ゴメンな」

「ゴメンって言われても返してもらえるもんじゃないしー。それをオカズにしたの?」

「10回はそれで抜かせてもろうたわ・・・ゴチになりましたぁー」

「いやぁーん、そしたらさー、タモツさんの部屋にあったティッシュってやっぱり・・・」

「バレてもうた?」

「バレるどころの話じゃないわよ!精液の匂いプンプンで私どうしようと思ったわよ!」

「俺も女にセンズリ見られたの初めてやで。だいたい自分のエッチする相手以外にチンポ立ったのを見られたの初めてやん」

「でもさでもさぁー、聞いていい?すんごい大きいでしょ?」

「何が?」

「もぉーわかるでしょ!」

「俺のチンポか?」

「うん、びっくりした。あんなの入れられたら気絶するかも、アハハ」

「気持ち良くて気絶するんか?」

「・・・」

「入れてみるか?」

「いやぁーん・・・」

「女って大きいほうがええって言うやんか」

「私は結構中が小さいらしいから、小さいチンチンでもちゃんとイクよ。でも大きいほうがすごいかも」

「友美ちゃんかて、すごそうやな」

「何がすごいの?」

「んー・・・唇がエロいな。何て言うかほら、井川なんとかって・・・あれに唇が似てるよな」

「あー言われる」

「その唇でチンポ舐められたら大変なことになるでぇー」

「キャハハハハ。大変なことになるの?どういう風に大変なの?」

「チンポが溶ける」

「いやぁーん、溶けたら困るぅー」

「いやいや、とろけるの間違いや、でも締りがええって言われたことないか?」

「えぇーっ!どうしてわかるの?」

「唇でなんとなくわかるんや。厚いけど力強い唇の女は俺の経験上、締りがええ」

「なんか、エッチされた気分・・・」

「濡れてきた?」

「いゃん」

「ほんまに濡れたんか?」

「タモツさんとエッチな話したら、いつも丸裸にされた気分」

「ほな、裸で話してみようや」

「恥ずかしいってば」

「ほな、俺1人裸でもええか?」

「勝手にして!私、お風呂に入ろっと」

「・・・」

しばらく沈黙が続き、その次の会話で私の股間は直立不動になりました。

「もぉーっ!ほんとに入ってくると思わなかったわよ」

「思った通りや、ほんまにええ身体してるわ。やっぱりチンポとろけたで」

「気持ち良かった?」

「良かったなんてもんやないで、まだチンポピンピンや。おいおい、もうパンツ穿かんでええやろ。またヌレヌレで汚れるで」

「恥ずかしいの!」

「俺のチンポ、どうやった?」

「知らないっ!」

「もっと入れて欲しい?」

「もぉー・・・あっちにいこ」

「可愛いなぁー早くエッチしたいんか?」

「黙って来いっ!」

「おーおーおー、パンツ脱がしたろぉーっと」

「きゃーーっ!・・・あん、あん、ベッドに行こ、ベッドでして、お願い」

寝室のレコーダーに切り替えると、しばらくの間、妻の喘ぎ声だけが響いていました。
この時点で私はたまらなくなって妻の喘ぎ声を聞きながら一発抜きました。
今まで何千回したか分からないオナニーの中で一番気持ちの良い射精でした。
心は壊れそうなくらいに嫉妬でぐちゃぐちゃなのに、チンポは100%の勃起状態で射精しました。
たぶん私は一生、このレコーダーでオナニー出来るだろうと思いました。

「タモツさんのチンチン見て、あのティッシュ見て、いつかこうなるだろうって思ってた」

「そうや、俺もや。友美ちゃんの身体、隅から隅まで舐め回して、友美ちゃんの中でチンポ汁全部出し尽くしてみたいって思いながらセンズリしたんや」

「中に出す?」

「まずいか?」

「うーーん・・・もうすぐ生理だから大丈夫だと思うけど・・・ああん、いやん、変な感じ」

「お尻でしたことないんか?」

「それは嫌。でも舐められるのは好きかも」

「こっち向いて」

「あああーん、変な感じ・・・ああん何か入ってくるぅぅーああんああん」

「気持ち良かったか?」

「なんか変、でも気持ち良かった。全部曝け出してやられちゃったぁーって感じ」

「明日の夜、実家に帰ったら?」

「どうして?」

「貫之君にあそこ舐められたらバレるで。舐められるの好きやろ?」

「大丈夫。生理始まったって言うから。あの人、私がダメって言ったら絶対にしない人だから」

「紳士なんや」

「でも・・・罪悪感・・・」

「入れるのやめるか?」

「いやん・・・あっあっあっ・・・あはぁぁーん」

「さっき入れたときはキツキツやったけどトロントロンや。気持ちええで、チンポが一緒に溶けるみたいや」

「いやらしい・・・あっあっ、私も気持ちいい、大きい、大きいのが引っかかる感じ!」

「この辺か?こんなんしたらどうや?」

「はぁぁーんはぁぁーん、ああああっ、だめぇー!すごい、すごいよぉぉー!」

もう気が変になりそうです。
でも病み付きになりそうです。