妻と部長のセックスを覗きながらシコシコ

35歳の会社員です。
妻は27歳の女盛りで夜のほうも盛んな年頃です。
私はそろそろ弱くなり、2、3ヶ月に一度しか妻を抱けなくなってきました。

そんなある日、部長夫婦と温泉旅行に行きました。
部長の行きつけの旅館を安く世話してもらい、2泊3日でくつろぐ予定でした。
部長と露天風呂に入りくつろいでいると・・・。

「この風呂は女湯が覗けるんだよ。ちょっくら見に行くかな、へへへ」

部長は岩影に消えていきました。
私は少し躊躇いましたが、スケベ心を出して後を追いかけました。
すると部長が女湯を覗きながら自分のペニスをしごいているのです。
まずいところに来てしまったと思いましたが、私は別の場所から覗きました。
ところが・・・女湯にいるのはなんと私の妻なのです。
部長は私の妻の裸を見ながらペニスをしごいているのです。
部長を見ると射精寸前でした。

「ううっううっ・・・」

部長のペニスから白い液が発射されました。
部長は私の妻の裸で射精したのです。
私は妻を部長に犯された気分でした。
部屋に戻って、そのことを妻に話しました。

「いやーん、私なんだか変な気分・・・」

そう言う妻の股間に手を入れると・・・愛液が溢れ出しているのです。

「お前・・・部長としたいのか?」

「わからないけど変な気分なの・・・ごめんなさい」

コンコン。

そのとき誰かが部屋に来ました。

「いやー、うちの女房は寝るのが早くて。良かったら一杯やらんかね」

私達は部屋で酒を飲みながら雑談を交わしました。
ふと妻を見ると・・・しきりに部長の股間を見ているのです。
私は部長のペニスで悶える妻を見てみたくなりました。

「部長、私はそろそろ眠くなりましたので、妻の話し相手をしてやってください」

私は妻に目配せをして隣の部屋の鍵を取り部屋を出ました。
そしてベランダ伝いに元の部屋を覗きました。
幸い窓が少し開いていたので声もよく聞こえました。
私が居ないせいか、妻は浴衣の胸元から大きな乳房が半分見えるくらいにはだけ、紫のパンティーがちらちらと見えるほど膝を崩しています。
真っ白な肌が酒のせいでピンクに染まり、夫である私が見てもムラムラしてしまうほど色っぽい格好でした。
偶然なのかわざとなのか、妻が立ち上がろうとしたとき浴衣の帯が足に引っ掛かり、妻の浴衣がはだけました。

「いゃぁーん・・・見えた?」

「奥さんの裸・・・年寄りには目の毒ですわ」

「やだー。主人に聞いたわよ。部長さん、私の裸を見ながらエッチなことしてたんでしょ?」

「あっ、いや・・・それは・・・」

「部長さん、私とエッチしたいんでしょ?私の裸を見たんだから、部長さんのおちんちんも見せてよ。私の裸をもっと見せてあげるから、私の前で一人エッチするとこ見せて。ねえ、お願い」

妻は胸元を肌蹴たまま部長の太股を擦り始めました。

(妻がここまで大胆だったとは・・・)

部長の股間が盛り上がってきました。

「奥さん!もう我慢できん」

部長が妻に抱きついて乳房に吸い付きました。
胸、首筋、耳に舌を這わせながら妻の股間に手を伸ばします。

「はあーん、あーん、だめよ!主人が隣にいるんだから・・・。おちんちん硬くなってるの?エッチはだめだけど私が出してあげようか?」

妻の手が部長の股を割って股間に伸びました。

「うぁーっ、かちんかちんよ、主人より大きいし硬いわ」

妻は部長のペニスを取り出し、白く柔らかい指で擦りはじめました。

「あっ、ヌルヌルが出てきた・・・部長さん、私とエッチしたいんでしょ?」

「奥さん!1回だけ・・・1回だけ・・・」

「だめよっ!いやっああっああーん」

部長の手が素早く妻のパンティーの中に滑り込みました。

「奥さんもこんなに・・・ヌルヌル」

「いやっ!見ちゃだめ」

部長の指は妻の愛液でヌルヌルになり、白く光っていました。
妻はあっという間に全裸にされ、部長に股間を吸われていました。

「ああっああっ、だめって言ったのに、ああーん・・・あああっ」

妻は部長の頭にしがみつき、股間をクネクネさせ始めました。

「ああっ部長さん・・・1回だけよ・・・主人に言わないで・・・ああっああっ」

部長が身体の向きを変えて妻の頭を跨いだ瞬間、妻はむしゃぶりつくように部長のペニスを咥えました。
愛する妻が他の男を受け入れるために愛液を流し、他の男を受け入れるためにそのペニスを舐め回している・・・。
私のペニスは今まで体験したことが無いほど勃起していました。
部長のペニスは今にも妻を貫こうとそそり立っています。
妻はそのペニスをすぐにでも受け入れられるように太股を広げ、腰をクネクネさせています。
いよいよ結合の瞬間です。
部長が妻の真っ白い太股を開き、クリトリスをもう一度吸い上げました。

「ああーん、もう、もうだめっ、入れて・・・ねぇー早く入れてぇー」

妻の股間に部長のペニスがあてがわれました。

(ああ、とうとう妻が他の男のペニスを・・・)

「はあーーん」

一際大きい妻のよがり声が聞こえたかと思うと、妻の太股が部長の腰に絡みつき、部長の背中にぎゅっと爪がめりこみました。
妻は口をパクパクさせながら部長の首筋に噛みつきました。

「奥さん・・・とうとう・・・こうなりたかった・・・ううっ締まるぅぅぅ」

部長は狂ったようにピストンをはじめ、妻の大きな乳房に吸い付いていきました。

「部長さんすごい・・・大きいわ・・・ああーん、いいっいいっ」

私は自分のペニスを狂ったように擦りました。
ものすごい量の精液が吹き出しました。
しばらく目の前が真っ白でした。
妻のものすごい声で我に返りました。

「きゃぁぁぁーだめっだめっ、あああっ、そんなの・・・あああっ、いやぁぁぁーっ」

ふと見ると、部長はペニスを差し込んだまま、クリトリスを指でコリコリしながら、もう一方でアヌスに小指を差し込み妻を刺激しているのです。

「ああっああっ、もうだめっ、ああっ、いっイクぅぅぅーっ、イクっイクっ、ああーーっ」

「おおおっ、奥さん、中に出してもええか?ううっもう、もうだめだ、ううっ、うっ、うーっ」

「安全日よ、出して・・・部長さん・・・いっぱい・・・ああっ、イクぅぅーーっ」

2人は団子のようにしがみついて同時に絶頂を迎えました。
妻の中にはおそらくものすごい量の部長のエキスが注がれたことでしょう。
しばらく部長は腰をピクピクさせながら妻の腰に自分の腰を擦りつけていました。
やがて2人は結合を解きました。
部長のペニスは妻の愛液と部長の精液で真っ白に光っていました。
部長は最後の一滴を妻の恥毛の上に絞り出しました。
妻が起き上がり、部長のペニスの先についた精液をちゅっと吸い取り、丁寧にペニスを舐め回しはじめました。
私ですら一度も経験したことがないお掃除フェラ・・・。

「おおっ、奥さんそこまでしてくれるのか・・・」

妻の股間から部長の精液がごぼっごぼっと出てきました。
私はこの時、自分の中で今まで知らなかった快感が芽生えたことに気づきました。

「奥さん、露天風呂の奥にとっておきの秘密の家族風呂があるんだ。そこへ行こう」

そう言って部長は妻の手を引き、廊下の奥へと消えていきました。